『ステキネ』vol.1

劇団レトルト内閣

2001年、関西学院大学の演劇サークルを母体として、座長・川内信弥を中心に旗上げ。演出・脚本・音楽は三名刺繍が担当。ABCホール、近鉄アート館、HEP HALL、など、大阪の劇場中心に演劇公演を行っている。

レトルト内閣の創る舞台は、音楽とショーとアートを融合させた、エンターテインメント作品。
骨太のストーリーを軸に、オリジナル劇中歌やシュールな笑いを折り込む作風で、エレガンスロック演劇という独自のジャンルを切り開く。
近年は歴史的事実に基づいたドラマ性の高い作品を多く創作しており、2015年に発表した「文明ノ獣」、2016年の「革命少年」は、2年続けて劇評家・広瀬泰弘氏の年間ベスト作品と評されるなど高い評価を得た。
また、2017年には近鉄アート館の名物企画「ミュージックアート館」へ招聘され、サラリーマンの立身出世を全編生バンド演奏で描いた音楽劇「オフィス座の怪人」が大好評を博した。2018年1月の「エピメテウスの眼鏡」では、国内外165社で導入されている「ほめ育」とのコラボレーションが実現。企業と演劇の連携でメディアにも注目される意欲作となった。

文明ノ獣

戦中・戦後を生きた三世代家族を描く大河絵巻。
とある女子高生が自分の出生のヒミツを探すところから物語は始まる。時代は太平洋戦争までさかのぼり、従軍した祖父の記憶、空襲、戦後を生きる民衆、高度成長する日本の姿、安保闘争に明け暮れる若者たち、、、
2015年に近鉄アート館で上演され、劇評家・広瀬泰弘氏の年間ベスト作品に選出されるなど高い評価を獲得し、劇団代表作との呼び声が高い作品となっている。
width: 50%;width: 50%;

オフィシャルサイト

https://www.retoruto.com